プロフィール


鈴木星彦 Hoshihiko Suzuki  バイオリン

東京芸術大学卒業。同大学在学中、久合田緑弦楽四重奏団のメンバーを務める。

ウィーン国立音楽大学に留学。ウィーン市芸術週間に於いてリサイタルを行う。室内楽に於いて受賞多数。

外務省、国際交流基金の派遣で、南米4ヶ国4都市、ポルトガル国内7都市で弦楽四重奏を演奏する他、

アジア、ヨーロッパ、米国等30都市で演奏。

天皇陛下御在位20年記念式典に於いてコンサートマスターを務める。

コンサートマスターとして各地オーケストラに客演する他、ソロ及び数々の室内楽団のリーダーとして、

NHK-FM.TVリサイタル、音楽祭、主要音楽番組に出演している。

バイオリンを海野義雄、田中千香士、リカルド.オドノポソフ、ミヒャエル.フリッシェンシュラーガー諸氏、

室内楽を巌本真理弦楽四重奏団、ウィーンアルバンベルグ弦楽四重奏団に師事。


大林典代 Noriyo Obayashi  バイオリン

東京芸術大学卒業。同大学卒業と同時に東京都交響楽団に入団。

退団後、多数の弦楽四重奏団、室内合奏団に参加する他、各地オーケストラの客員首席奏者を務める。

2000年より磯野順子カルテットのメンバーとして活動。

アジア、ヨーロッパ、米国等各国主要都市で演奏する他、国際文化交流使節として、

カーネギーホール、リンカーンセンター、バチカン.サンピエトロ寺院等で演奏。

迎賓館での主要国閣僚歓迎晩餐会に於いてコンサートミストレスをつとめる。

バイオリンを阿部靖、田中千香士、徳永二男、ヴォルフガング.ポデュシュカ、ウィリアム.プリムローズ諸氏に師事。


丸山奏 Kanade Maruyama ヴィオラ

東京芸術大学附属高校を経て東京芸術大学卒業。文化庁新進芸術家海外研修員としてウィーンに留学。

2003年東京音楽コンクール弦楽部門第3位、同年YBP国際音楽コンクール弦楽部門第1位受賞。

2015年ブラームス国際コンクール室内楽部門で特別賞。

2017年アントン.ルービンシュタイン国際コンクールヴィオラ部門第2位受賞。

東京文化会館に於いてリサイタル、NHK-FM名曲リサイタル、オーケストラとの協演等幅広く活動している。

2018年まで日本センチュリー交響楽団首席ヴィオラ奏者を務め、現在イルミナートフィルハーモニーオーケストラ首席ヴィオラ奏者。

ヴィオラを大野かおる、百武由紀、佐々木亮、ジークフリート.フューリンガー、ジュリアン.ラクリン諸氏に、室内楽をパウル.バドゥーラ.スコダ氏に師事。


平田昌平 Shohei  Hirata チェロ

東京芸術大学卒業。在学中、野村学芸財団の奨学生となる。

アメリカ・インディアナ州立大学アーティストディプロマコースに留学。タングルウッド・サマーフェスティバルに招待参加し、室内楽の分野でニューヨークタイムズ紙より高い評価を受ける。

第56回日本音楽コンクール入選。ザルツブルクにてダヴィッド.ゲリンガスのマスターコース修了。

2001年よりアルゴスカルテットのメンバーとして活動。

現在、東京都交響楽団団員、副首席奏者を歴任。全国各地のオーケストラに客員首席として出演、室内楽の分野でもNHK-FMに出演する等、幅広く活躍している。

 チェロを松下修也、堤剛、モーリス.ジャンドロン、ヤーノッシュ.シュタルケル、ウェン=シン.ヤン、

ダヴィッド.ゲリンガス諸氏に師事。